• sp_tel.png
  • 予約フォームはこちらから

2017.07.20更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
だんだんと本格的な暑さになってまいりました。
今年は猛暑になると、5月末の段階で発表されていました。
個人的には毎年猛暑のように感じているので、まさかそれ以上なのかと心配しています。
患者様にとって夏は、通院が大変な時期であると思います。
せめて・・・と医院内は涼しく快適な環境にしております!

さて今日は、根面齲蝕についてご説明していきたいと思います。
実は先日から、歯冠部や歯根部のお話をしてきたのは、ほかでもありません。
この根面齲蝕についてのお話を、分かりやすくするためです。

根面齲蝕とは、歯の根っこの部分の露出した部分の齲蝕のことです。
歯の根っこの部分は当然本来、歯ぐきの中に隠れているはずですね。
しかし、加齢によって歯ぐきは少しずつ下がってきます。
そうなるとこの歯の根っこ部分が露出してきてしまうのです。

先日のブログでお話した通り、歯根部はエナメル質で覆われておりません。
つまりこの部分は大変やわらかく柔らかく、齲蝕になりやすいですし進行度も早いのです。
更にはこの部分は神経に近い部分ですね。
つまり他の場所の齲蝕と比較すると問題視しなければならない齲蝕なのです。

投稿者: わたなべ歯科医院