• sp_tel.png
  • 予約フォームはこちらから

2017.06.27更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
先日は咬耗の治療や症状について、ご説明させていただきました。
何らかの症状が出てしまっている場合、治療を行う方がもちろん良いのですが、治療だけではダメな場合もあります。
それは、咬耗の原因が歯ぎしりや食いしばりであるときです。

その原因を放置していれば、当然ですが咬耗はどんどん進行してしまいます。
治療しても、また同じことが起こります。
ナイトガードなどで保護を行ったり、超音波マッサージや電気を当てて、筋肉の緊張をほぐしていくというような予防策が必要です。

歯ぎしりには原因があるので、その原因も追究していきます。
姿勢が悪い、ストレスが溜まっている骨盤のゆがみなど、いろいろなことが考えられます。
これらを排除していくことも重要です。

すべての方が、年齢と共に咬耗症になるわけではない以上、咬耗症の場合、原因を考え予防していくことが大切なことになってきます。
咬耗症でお悩みの方は、わたなべ歯科医院へご相談ください。

投稿者: わたなべ歯科医院

2017.06.21更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
早くスカッとした青空が見たい今日この頃です。
通院も大変な時期ですが当院は駐車場を6台分完備しておりますので、このような時期は特に、ぜひお車でお越しください。

この間は、咬耗についてご説明させていただきました。
注意してみていくと、ご高齢の方には咬耗症の方が多いなと感じると思います。
実は、私の身近にも意外と多いです。
咬耗は、こまった問題や症状が出ていないのであれば、特に治療は必要なく歯科医師としても経過観察を行います。
しかし、治療が必要な場合もあります。
そこで今日は、その治療法をご説明してまいりましょう。

咬耗の症状としては、咀嚼時の激痛や知覚過敏などが多いです。
治療としては、咬耗症のところに樹脂をつめます。
そして痛みや知覚過敏を緩和できるようにし、美的にも美しくしていきます。

咬耗症の痛みや知覚過敏でお悩みの方は、お気軽にわたなべ歯科医院までご相談ください。
咬耗症は、そのまま放置しておいても歯が再生することはございませんので症状が良くなっていくことはありません。
痛みや知覚過敏は、毎日のことなので我慢するのはかなりのストレスになります。
専門家に診てもらい、しっかりと治療をしていくことをおすすめいたします。

投稿者: わたなべ歯科医院

2017.06.15更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
当院は、インプラント治療にも力を入れております。
インプラント治療はもちろん若い方が行うケースがありますが、やはり圧倒的に40代以上の患者様に必要性が生じることが多いです。

そうなると、同じくこの年代に多くなります歯周病を発症しつつ、インプラントの治療も行いたいという患者様の確率というのはどうしても高くなっていきます。
本来、同時進行できれば患者様にとって良いことであるのですが、それはできないのです。

インプラントとは表面に見えている人工歯の部分よりも、歯ぐきの中に埋め込む部分がとても重要になってきます。
つまり歯ぐきの状況が良好、分かりやすく言ってしまいますと歯ぐきが健康でないと、インプラントを埋め込めないのです。
実際、歯周病の治療を十分に行わないでインプラント治療をしても、その寿命が短いことが報告されています。

当院では、インプラント治療は歯周病治療を行ってからすすめていきます。
もちろん歯周病だからといって、インプラントを諦める必要はありません。
お気軽にご相談ください。

投稿者: わたなべ歯科医院

2017.06.12更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
本格的な雨の季節となりました。
寒暖の差もありますので、体調管理が難しい時期ですね。
当院のスタッフも体調管理には、この時期特に留意しております。

さて皆様は、「咬耗」という言葉をご存知ですが?
これは「こうもう」と読みます。
歯科医師としては、患者様が咬耗の場合、「咬耗症です」とお話することもありますが、咬耗自体があまり浸透していない言葉なので、実際に咬耗症とお話することはあまりありません。

咬耗とは上歯と下歯が噛み合わさることで歯がすり減っていくという症状です。
人間として長く生きていくなかで、歯ぎしりのくせや食べ物の咀嚼などから、咬耗は起こってしまいます。
つまり咬耗は、高齢になればなるほど発症率が高く、少なくとも誰もが少しは咬耗の状況になっているものです。
ただ、だからといってすべての方が問題視する状況ということではなく、普通はぱっと見ても分からないほどで、特に問題はありませんしこの状況を咬耗症とは表現しません。
通常は、歯のエナメル質の下部にある象牙質が露出してしまっているような場合、咬耗症であると判断します。

投稿者: わたなべ歯科医院

2017.06.09更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。

「CO(シーオー)」つまり初期虫歯は、毎日の適切なブラッシングを行い、わたなべ歯科医院で定期PMTCとフッ素を塗布を継続していけば、削る治療を行わなくても大丈夫ですと先日のブログでもお話していますが、これはどのようなメカニズムなのでしょうか?

実はこれは、「再石灰化」という仕組みです。
口腔内に常に溢れている唾液。
これが初期虫歯の状態になっても、ミュータンス菌が口腔内を酸性にしてしまうところを中性に戻し、溶け出してしまったカルシウムなどを歯表面に戻すというものです。
ここにさらに食事後、きちんと歯磨きをしていれば、虫歯の原因となる酸性化を防ぎ再石灰化をさらに促します。

また歯磨きだけではデンタルケアとしては不十分であることは、前からお話済みです。
そこでここにPMTCと再石灰化をさらに促すフッ素塗布を行うことで、虫歯になるのを食い止められるのです。

投稿者: わたなべ歯科医院