• sp_tel.png
  • 予約フォームはこちらから

2017.08.03更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
歯や口腔内の健康は、全身の健康にも関与しています。
驚くほど怖い病気の引き金となることもあるのをご存知でしょうか?

今日は、心筋梗塞に歯周病が関与するケースがあるというお話です。
心筋梗塞と聞けば、誰でも命さえも危ぶまれる怖い病気と知っています。
血栓ができて冠動脈が詰まり、心臓に必要な血液がスムーズに運搬されなくなり、心臓が壊死してしまう病気です。
この心筋梗塞と歯周病が関係していると聞いても、おそらく大半の方はピンとこないと思います。

まず、歯周病ですが、歯周病菌が原因菌となって歯の骨を溶かしてしまう病気です。
歯周病が悪化していきますと、歯茎から出血が起こります。
よくCMなどでもおなじみの絵面ですね。
実はこの出血したところから、歯周病菌が血管内に入ってしまい、血小板に影響を与えます。
それが理由で、血栓ができやすくなってしまうのです。

また歯周病菌自体が、動脈硬化を引き起こす要因となっています。
動脈硬化とは、動脈が固くなり血流が悪くなってしまいますので、さらに血栓がつまりやすい環境を生み出してしまうのです。

投稿者: わたなべ歯科医院