• sp_tel.png
  • 予約フォームはこちらから

2017.01.27更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
以前、歯ブラシは古いものを使わないようにとお話をさせていただきました。

そのお話の続きになってしまうのですが、巷にたくさん販売されている歯ブラシ。
新調するのはともかくとして、どれを選べばよいのかと迷ってしまうと思います。
形も価格もさまざまです。
当然、悩んでしまうことでしょう。

実は、高価な歯ブラシを選べば間違いないかといえば、そうではありません。
わたなべ歯科医院がおすすめしている歯ブラシの形状は、ブラシの部分がコンパクトで毛先が細いものです。
このような歯ブラシの方が奥の方の歯が磨きやすく、歯と歯の間に毛先が入りやすいので、きちんとプラークを除去できます。

予防歯科を考える上で、自宅でのデンタルケアはとても重要です。
そしてそのためのモノ選びも大切なことです。
わたなべ歯科医院では、歯ブラシの販売を行っております。
プロの目で見て、おすすめできる歯ブラシを取り揃えております。
ドラッグストアなどで選ぶのは自信がないという方はぜひ、当院でお買い求めください。
同様に、デンタルフロスや歯磨き粉なども取り扱っております。

投稿者: わたなべ歯科医院

2017.01.24更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
新年を迎え、いろいろなものを新調された方も少なくないのではないでしょうか?
そのなかで忘れていただきたくないのが、歯ブラシの新調です!

実は一生懸命歯医者さんで教わったブラッシング指導通り、毎日ご自宅でデンタルケアを行っていたとしても、歯ブラシが古くなってしまっていますと、しっかり磨けていない状況になっています。
つまり古い歯ブラシを使い続けるのは、虫歯リスクを高めてしまう要因となってしまうのです。
新しい年、新しい歯ブラシにチェンジして、ブラッシングを行ってまいりましょう。

わたなべ歯科医院では予防歯科に注力しています。
ブラッシング指導も丁寧に分かりやすくをモットーに、患者様一人一人に行っております。
新しい歯ブラシでしっかりと磨くことで、歯垢も落としやすく、健康な歯をキープできます。
もちろんデンタルフロスも併用して使われてください。
歯ブラシだけでは落としきれない汚れをかきだします。

投稿者: わたなべ歯科医院

2017.01.18更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
先日のブログで、精神的ストレスが顎関節症の原因となっているケースが多くなっているというお話をさせていただきました。
顎関節症になる原因はいろいろあるのですが、精神的ストレスに続く意外なものに、「病気」があります。

関節炎でお悩みの方や、リウマチを持病でお持ちの方は、その症状が顎関節に生じてしまいますと顎関節症になってしまいます。
また、先日の精神的ストレスとも直結している病ですが、うつ病や自律神経失調症を発症している患者様は、やはりその病気が原因で食いしばりや歯ぎしりをしがちでして、そこから顎関節症になるケースがあります。


病気が顎関節症に深くかかわっている場合、まずは病気の治療に専念することが求められますが、病気の治療と並行して顎関節症の治療をわたなべ歯科医院で行っていくのが理想形です。
顎周囲に痛みを感じたり、口が開きづらいなどの違和感がある場合は、なるべく早めにわたなべ歯科医院へご来院ください。

投稿者: わたなべ歯科医院

2017.01.16更新

皆様こんにちは!
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
さて突然ですが、皆様は日ごろストレスを感じていらっしゃいますか?
ストレス社会と呼ばれる現代、このような質問を投げかけられて、「ストレスはまったく感じておりません」とおっしゃる方は、一握りなのではないかと思います。

ストレスは身体に対し、想像をはるかに超えるさまざまな影響を与えるものです。
それも残念ながら良い影響はまったくなく、すべて悪い影響であります。
そして実は、歯科領域においてもこのストレスが原因となる症状があるのです。
一体何だと思われますでしょうか?

それは顎関節症です。
驚かれるのが普通かと思いますが、精神的ストレスが原因の顎関節症の患者様は珍しくありません。

むしろ、精神的ストレスが原因の顎関節症患者数は増加し続けています。
精神的なストレスから不必要な食いしばりや歯ぎしりをしていることが多いのです。
これが顎関節症になってしまう引き金となっているのです。

上手にストレスフリーな生活が営めれば、顎関節症も良くなっていくのですが、それはなかなか難しい話です。
もちろん工夫をしてストレス発散を心がけていただきたいのですが、それだけではなくきちんと歯科医師のもとで顎関節症の治療を行っていくことが大切になってきます。

投稿者: わたなべ歯科医院

2017.01.11更新

明けましておめでとうございます。
岡山県倉敷市で開業している「わたなべ歯科医院」、院長の渡辺駿二です。
昭和55年に開院しました当院。
今年も無事に、新しい年を迎えることができました。
これもひとえに、地元の皆様のおかげでございます。
今年も変わらず地元密着型の歯科医院として、まい進してまいります。

地元でずっと頑張ってまいりましたわたなべ歯科医院は、親子で通院してくださっている患者様も多いのですが近年、三世代で通院というご家族も増えてまいりました。
それは私たちの技術に対して、ご信頼をいただいているということであり、歯科医師冥利に尽きる光栄なことでございます。

実は親子は、歯の形状や噛み合わせ、歯並びなどが似ている確率が非常に高く、親御様を参考にお子様の将来を見据えることができます。
(もちろん全く同じになるわけではありませんし、あまり似ていないというケースもあります)
このような意味合いからも、世代をまたいで同じ歯科医師である私がお口の中を拝見できるのは、大きなメリットとなっています。
これからも、家族で通院できるアットホームな歯科医院を目指していきます。
今年も宜しくお願いいたします。

投稿者: わたなべ歯科医院